赤信号なら停止線で待っていてね feat. 初音ミク

2015年6月10日公開版
時間:1分27秒

信号機の赤い灯火の意味は「停止位置(停止線)を越えて進行してはならない」。
赤信号なら、停止線で待とう!

解説

赤信号での停止位置

  • 自転車は、車道を通行しているときは、その車道に対面している信号機に従わなければならず、赤信号の場合*1には、「停止位置」において停止しなければならない。
  • 車道における「停止位置」は、停止線が引かれている場合、その停止線の直前となる。
  • 赤信号で停止線を超えた場合、例え交差点内に進入していなくとも、信号無視ということになる。

*1:黄色信号の場合でも、停止位置(停止線)の手前で安全に停止できる場合を除き、停止しなければならない。

関連法令

道路交通法

(信号機の信号等に従う義務)
第7条 道路を通行する歩行者又は車両等は、信号機の表示する信号又は警察官等の手信号等(前条第一項後段の場合においては、当該手信号等)に従わなければならない。

道路交通法施行令

(信号の意味等)
第2条 法第4条第4項に規定する信号機の表示する信号の種類及び意味は、次の表に掲げるとおりとし、同表の下欄に掲げる信号の意味は、それぞれ同表の上欄に掲げる信号を表示する信号機に対面する交通について表示されるものとする。
備考:この表において「停止位置」とは、次に掲げる位置(道路標識等による停止線が設けられているときは、その停止線の直前)をいう。

  1. 交差点(交差点の直近に横断歩道等がある場合においては、その横断歩道等の外側までの道路の部分を含む。以下この表において同じ。)の手前の場所にあつては、交差点の直前

  2. 交差点以外の場所で横断歩道等又は踏切がある場所にあつては、横断歩道等又は踏切の直前
  3. 交差点以外の場所で横断歩道、自転車横断帯及び踏切がない場所にあつては、信号機の直前